ショートカットキーの設定

概要だとか考え方だとか、そういう技術的じゃない方向の話が多くなりすぎてしまいましたね。

もちろんそういう話も重要ではあるんですけど、そればっかりだと読んでる方もうんざりしそうです。

書いてる私としては、自分の考えを色々な言葉で書いている訳ですから、別に苦痛ということはないんですけど。

でも、あまりしつこいのもどうかと思うので、しばらくは具体的な「やり方」について書いていこうと思います。

今回からようやく、ショートカットキーの設定方法について、画像付きで解説することが出来ます。

オートキャド(AutoCAD)を使っていく上で、長いことお世話になる設定ですから、設定方法をしっかりと覚えてしまいましょう。



■カスタマイズの項目

まず呼び出したい設定画面が「ユーザーインターフェイスをカスタマイズ」という画面です。

呼び出し方は別の項目で書いていますので、「ユーザーインターフェイス画面」を読んでみてください。

で、呼び出した「ユーザーインターフェイスをカスタマイズ」で注目して欲しいのが、「キーボードショートカット」という項目。

これはダイアログBOXの左上あたり(画像内で赤く囲ってある部分です)にあります。

キーボードショートカットの場所


「キーボードショートカット」の左側にある「+」をクリックすると、さらに項目が出てきます。

項目は「ショートカットキー」と「一次優先キー」の二種類ありますが、今回は「ショートカットキー」の左にある「+」をさらにクリックです。

オートキャド(AutoCAD)のショートカットキー


そうすると上記のように、今現在設定されているショートカットキーの一覧が表示されます。

デフォルトで色々と設定されているので、あまり使わないコマンドなどが雑多に入っているはずです。

例えば、一番上にある「ハイパーリンク」項目をクリックしてみると…

ハイパーリンクのショートカット


「Ctrl+K」のショートカットキーがハイパーリンクというコマンドに割り当てられていることが分かります。

上図の赤く囲ってある部分を見ると、そのコマンドにどんなショートカットキーが割り当てられているかが書いてあります。

ちなみに…

オートキャド(AutoCAD)を使って結構な年月が経ちましたが、ハイパーリンク機能を使ったことはほとんどありません。

人によって違うのかも知れませんが、どう考えてもこれが「よく使うコマンド」に入るとは思えません。

もちろん初期設定だからある程度仕方がない、ということですから、これからそれを自分好みに変えていこうとしている訳です。

ちょっと長くなってしまったので、新たにコマンドを割り当てる方法は次回に説明することにします。

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ