「準備編」の記事一覧(2 / 2ページ)

ディスプレイの表面処理

前回は液晶ディスプレイのサイズについて、やっぱり大きいサイズの方が作業効率は良い、というごく普通の結論を書きました。

もちろんその感想は人それぞれですから、自分の好みにあったサイズを選ぶのが一番ですが、まあ一般的には大きい方が良いと思います。

今まで一緒に仕事をしてきた中には「小さい画面でも良い、むしろ小さい画面の方が良い」という人がいました。

・大きい画面だとマウスを動かす量が増える

・目を動かす量も増えるから疲れる

そんな理由で、17インチのディスプレイを愛用する人もいました。

その話を聞いた私は、人によって本当に色々な意見があるんだなぁ…ということを改めて感じました。

当たり前の話ですが、大きな画面を好む私の意見を押しつけるようなことはしませんでした。

小さい画面で充分に仕事が出来るなら、それに超したことはないし、値段も安くて済みますから。

ディスプレイの種類とサイズ

あまりこだわりってない。

とか言いつつも、オートキャド(AutoCAD)を操作する為に必要なパソコンのスペックについて、結構長い話をしました。

これ以上書いても蛇足になるだけだし、私のパソコンについての知識レベルが低いことがさらにクリアになるだけ。

なので、今回は話を先に進めます。

今までパソコンの話をしてきたので、今回はディスプレイを取り上げてみたいと思います。

ディスプレイはパソコンとセットで使うことが多い、というか、セットでしか使わないですよね。

なので、一緒くらいのタイミングで取り上げておいた方は良いかなと、そんなことを考えています。

パソコンへのこだわりは?

オートキャド(AutoCAD)2012を操作するのに必要になる、パソコンのスペックはどれくらいなのか。

前回はそんな話をして、具体的な数字も出してみました。

そこそこのスペックを持っていて、オートキャド(AutoCAD)を操作するのに充分なパソコンが10万円を切る。

まあ安いですよね。

これは、多分私が昔の価格設定を知っているからだとは思うんですけど、それでも高くはないと思います。

これで「中の中」くらいかな…

私もそれほどパソコンのスペックとかに詳しくないので、詳しい人が見たらツッコミどころ満載かも知れません。

でも、これ以上パソコンについて勉強するつもりはないので、「全然違う!そもそも…」とか教えてくれなくても大丈夫ですよ。

AutoCADに必要なスペック

前回はオートキャド(AutoCAD)を使う為に必要なパソコンのスペックについて、もの凄く簡単に書いてみました。

単純な2次元の図面を作図するのであれば、求められるスペックは「中の上」くらいで大丈夫。

そんな漠然とした話でしたが、本当に簡単な書き方をすると、そんな感じになると思います。

パソコンというのは常に新しい製品が発売され、新しいヤツ程スペックが高いという世界です。

最新・最高スペックを追いかけていっても、お金もかかるしすぐに新製品が出るし、正直言ってキリがないんですよね。

なので、購入する時期に発売されている中で「中の上」くらいのクラスを、という感じでお勧めした訳です。

そうすれば、きっとオートキャド(AutoCAD)を使う為のパソコンとして、しばらくの間は現役で頑張ってくれるはずです。

とは言え、余りにも漠然としすぎても、何が何だか分からないと思う方もいるでしょう。

今回はこれを書いている今現在、とりあえず考えられるスペックについて書いてみたいと思います。

パソコンのスペックについて

オートキャド(AutoCAD)2011を使いこなす為の「準備編」ということで…

このカテゴリでは、実際のオートキャド(AutoCAD)の操作とか設定とか、そういう話よりも前に考えておくべきこと。

そのあたりの話をしていこうと思います。

具体的に言うと、オートキャド(AutoCAD)を実際に動かす為に必要な環境とかですね。

パソコンとかマウスとかディスプレイとか、そういう作業環境についての話を、思うがままにしていこうかと。

大抵の方は会社で仕事をすることになるので、実際に「パソコンのスペックはこれが良いです」と書いても難しいですけど。

会社だと、個人が使うパソコンを買い換えることなんて、そうそう出来ることではないですからね。

そういう意味では、あまり即効性のない話ばかりかも知れませんが、いつの日か役に立つ場合もあると思います。

いつか役に立つかも知れない、という程度の話ですが、興味のある方は読んでみてくださいね。

解説内容は色々

これから色々とオートキャド(AutoCAD)2011の操作を説明していきますよ、という勢いのあることを言いました。

やっぱり最初だから勢いは大事です。

ただ、それがいかに大変で先の見えないことか…分かっているようでいて、まだ分かってないのかも知れません。

どれだけ大変かが分かってたら、やろうと思わないかも知れないし、知らない方が良いこともあるかも。

この解説は自分のスキルアップの為でもあるので、最後までしっかりと説明をやり遂げられれば。

そんな(都合の良い)ことを考えてます。

はじめに

はじめまして~

数多あるオートキャド(AutoCAD)の解説サイトの中から、私のサイトを見て頂きありがとうございます。

って、ちょっと固すぎるかな…私は当サイトの運営者兼記事作成者の「たま」と言います。

名前はさておき…ですね。

記事作成者として、読んで頂ける方の役に立つ情報と出来る限り提供していきますので、どうぞよろしくお願いしますね。

私が直接読者の方と結びつくことはほとんどないでしょうけれど、こうしてこの文章を読んでもらえるのも何かの縁。

読んで為になる情報がこのサイトにある限り、時々は立ち寄って頂けると運営者としても嬉しいです。

まず最初の記事と言うことで、ここでは当サイトの基本的な方針などについて語ってみたいと思います。

やや堅めの文章が続きますけれど、興味のある方はどうぞ~

サブコンテンツ

このページの先頭へ