「便利な機能編」の記事一覧(2 / 2ページ)

図面の基本的な考え方

オートキャド(AutoCAD)の機能として、モデル空間とペーパー空間の説明をする前に……

そんな話だけで前回は終わってしまいました。

ちょっと内容の薄い話で申し訳ありませんが、今回からもう少し具体的な話に入ってくると思います。

ということで、今回は「図面の基本的な考え方」について色々と書いてみたいと思います。

モデル空間とペーパー空間の前に

このカテゴリでは、オートキャド(AutoCAD)の便利な機能を色々と紹介していきます。

オートキャド(AutoCAD)はちょっとメンドクサイ設定とかが多いですけど、覚えると非常に便利なツールなんです。

私は一人のユーザーとして、ぜひそれを知って欲しいと思っています。

と言うことで、まずはどんな便利な機能から紹介しようかと考えると、やっぱりモデル空間とペーパー空間ですね。

一度覚えてしまえば便利なんだけど、覚える前は「何だか難しそうでメンドクサイ」という感じで敬遠される。

オートキャド(AutoCAD)の機能はそんな状態が多いんじゃ……と、ユーザーの正直な感想としてそう思います。

そんな機能の中で、モデル空間とペーパー空間についての考え方が、一番そう思われる機能ではないか。

私も覚える前は「なんだか面倒だから覚えたくない」と感じていたので、まずはそういう機能から説明してみます。

出来るだけ分かりやすく説明しようと思っているので、少し長くなってしまうかも知れませんが……

可能な限り図などを交えて説明をして、「モデル空間ってこういうことか」と思って貰えるように頑張ってみます。

どんな内容を説明するか

オートキャド(AutoCAD)が用意している機能の中で、ちょっと分かりにくいけど非常に重要な機能。

これを詳しく説明していく訳ですが、よく考えたら「分かりやすい機能」というのはあまりないかも知れませんね。

機能が硬度で複雑であればあるほど、その使い方はやはり難しくなっていく傾向にあります。

それはある程度仕方がないことだとは思ってます。

だって「これは分かりにくい機能だからナシにするか…」ということになったら、オートキャド(AutoCAD)ユーザーとしては非常に困ります。

というか、オートキャド(AutoCAD)を使っていくメリットがなくなるような気がします。

それくらい重要な機能も中にはあるので、難しいことは承知していますが、是非マスターして欲しいと思ってます。

このカテゴリについて

このカテゴリでは、オートキャド(AutoCAD)が持っている様々な機能の中で、特に便利だと思う機能について説明をします。

非常に便利な機能であっても、分かりにくかったり使い方がちょっと不親切だったりして、敬遠されがちになる場合があります。

そんな機能でも、きちんと使い方を知っているとオートキャド(AutoCAD)の使い方が大きく変わります。

ここではそんな機能にスポットを当てて、出来る限り分かりやすく説明をしていけばと思ってます。

このカテゴリに書かれている機能を全部知っていれば、少なくともオートキャド(AutoCAD)の初心者ではありません。

それがすぐに熟練者と繋がるかどうかは分かりませんが、知っていて損をする機能はないはず。

なので、どうか最後までおつきあいお願いしますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ