「基本操作編」の記事一覧(2 / 3ページ)

エイリアスの設定ファイル

オートキャド(AutoCAD)が用意している機能を使う手段として、コマンドを入力する方法があります。

コマンドは基本的に英語のスペルがメインになっていて、スペル入力をミスしたら入力をやり直す必要がある。

当然そんな手間なことは仕事でやってられない、ということになって「やっぱりアイコンの方が楽」という話に。

そんなコマンド入力の欠点を打ち消す機能として、オートキャド(AutoCAD)は「コマンドエイリアス」という機能を用意しています。

不便なことを承知でコマンド入力のやり方を説明したのは、コマンドエイリアスの説明をする為。

まずは基本的な操作があって、そのやり方を少し進歩させたやり方もある、という説明をしたかった。

操作方法は個人の好みですが、私はこのコマンドエイリアスを使うやり方を強力にお勧めします。

コマンド入力の改良版

コマンド名を全てキーボードから入力してオートキャド(AutoCAD)の機能を実行するやり方。

その中で特に、前回はそのやり方の欠点について考えてみました。

実際にオートキャド(AutoCAD)を使って図面を作図するのは、仕事としてやることがほとんどだと思います。

仕事の基本的な考え方は、出来る限り無駄をなくして効率を求めていく、というものですよね?

少なくとも私はそうやって仕事をしています。

そんな中で、少々手間がかかるこのやり方は、やはり仕事でオートキャド(AutoCAD)を使う場合には向かない。

オートキャド(AutoCAD)=仕事で使う、ですから、要するにどんな場合にも向かない。

前回の結論がそのあたりに落ち着くと思います。

コマンド入力の欠点

オートキャド(AutoCAD)の機能を実行する手段として、前回は「コマンドを直接入力する方法」を紹介しました。

このやり方は、キーボードを使った操作方法が色々とある中で、一番ベーシックな方法ではないかと思います。

基本的なやり方が効率的なやり方とイコールかどうか、というのはまた全然別の話ではありますけど…

それでも最初に説明したのは、こうしたベーシックなやり方を元にして、そこからもう少し発展させた形が後から出てくるから。

「発展させたやり方」があるということは、前回紹介したやり方は「発展前」ということになります。

ベーシックというのはそういう意味です。

今回はそんな「コマンドを直接入力する」操作方法の欠点について考えてみたいと思います。

それを考えることによって、キーボードを使ったやり方の発展系が見えてくると思うので、まずは何が不便なのかを考えてみましょう。

コマンドを直接入力する

キーボードを使ってオートキャド(AutoCAD)を操作するやり方には、細かく分けていくつかの方法があります。

実際に操作する人がそれぞれの操作方法について特徴を掴み、適切な場面でそれを使っていく。

そうすることが出来れば、きっとオートキャド(AutoCAD)の操作は今までよりもスムーズになるはずです。

実際の仕事でオートキャド(AutoCAD)を使うのなら、やっぱり少しでも操作はスムーズな方が良いです。

そんな細かい事を考える必要があるのか、とか、そこまで速さにこだわらなくても良いのでは、とか。

色々な意見があるとは思いますが、少なくとも「遅いよりも早いほうが良い」ということは言えますよね。

オリンピックに出場する陸上の短距離走者みたいに、少しのスピードアップに膨大な労力を要するのなら、それはやらなくてもいいと思います。

でも、それほどの手間をかけずに効果が出るのなら、試してみる価値はあると思いませんか?

という訳で、今回からキーボードを使ったやり方について、ひとつずつ説明をしていきます。

まずは最も基本となる「コマンド入力」についてです。

キーボードによる操作の種類

キーボードを入力する左手が自然に置かれる位置で、その付近にあるキーが「押しやすいキー」ということになる。

オートキャド(AutoCAD)を操作する手段として、キーボードを使う場合には、まずそのあたりを再確認しておきましょう。

前回はそんな話をしてみました。

あんまり細かい話をすると、「コイツ細かすぎるだろ…」とか思われるのでやめておきたいんですけども。

こういう細かい性格だから仕方がないか…

こだわりすぎる話が好きじゃない方にとっては、この先もあまり有意義な内容ではないので、それだけは先に書いておきますね。

押しやすい場所はどこか

前回はオートキャド(AutoCAD)を操作する際に、左手と右手でどんな操作をするかについて考えてみました。

基本的には右手でマウスを動かして、キーボードの入力をするのは左手の役目になることが多い。

結論としてはそんなことになりました。

もちろん逆に、左手でマウスを動かすやり方でも、オートキャド(AutoCAD)の操作にあまり支障はないはずです。

キーボードの入力をメインに考えたい場合には、利き手でキーボードを操作するのもアリだと思います。

そのあたりの話は、基本的な操作について説明が終わったら書いてみようかと思ってます。

まずは一般的なスタイルの方から。

操作のスタイルを考える

オートキャド(AutoCAD)を操作する為の主な方法として、マウスを使う方法とキーボードを使う方法がある。

前回はそんな話をしてみました。

キーボードをメインにしてオートキャド(AutoCAD)を使った場合の有利な部分と、ちょっと不利になる部分。

マウスをメインにしてオートキャド(AutoCAD)を使った場合には、キーボードに比べてどうなるか。

そんな話でした。

結論としては、どちらも良いところがありますよ、というどっちつかずな話で終わってしまう訳ですけども…

オートキャド(AutoCAD)ユーザーとしては、やはり良いところを選んで使っていくのが良いと思います。

という事で…

今回から、キーボードを使ってオートキャド(AutoCAD)を操作する具体的な手法について、詳しく説明をしていきます。

キーボードを使うスタイル

オートキャド(AutoCAD)が用意している機能を実行する為、操作する側がどんなアクションをするか。

そんなテーマで今まで話をしてきて、幾つかのやり方について詳しく説明をしてみました。

まずは「リボン」、そしてクラシック表示にして「アイコン」、さらには「クイックアクセスツールバー」まで。

今まではとにかくマウスを操作してカーソルを移動させ、目的の機能に割り当てられたボタンをクリックする、という操作でした。

これれの操作にはひとつの特徴があります。

ボタンにはその機能にまつわる絵が描かれていて、視覚的にどんな機能なのかを認識して、それを選ぶ。

この「分かりやすさ」が特徴として挙げられます。

もちろんそれ以外にも優れた部分があるんですけど、それはもう少し後のお楽しみにしておきましょう。

クイックアクセスツールバー

前回はオートキャド(AutoCAD)のメニュー表示スタイルとして、リボンを表示させないやり方を説明しました。

それが便利かそうじゃないかは、実際にしばらくオートキャド(AutoCAD)を使ってみるしかありません。

最初は色々と試行錯誤があるのが当たり前ですので、とりあえずはどんなモノなのか、試してみることをお勧めしま。

とか言いつつ、もっと他のやり方をこれからいくつか紹介していくことになって、その都度「試してみてください」とか言う訳ですが…

オートキャド(AutoCAD)には様々なやり方があって、その中で自分にあったスタイルを探していく。

その結果として、「これがやりやすい」と思えるような操作スタイルを身につければ、きっと今よりもっと操作は早くなっているはずです。

その為の手伝いを私が出来れば、サイト運営者としてこんなに嬉しいことはありません。

リボンを表示しない方法

前回はオートキャド(AutoCAD)の古いメニュー表示である「クラシック表示」を紹介しました。

昔は便利で良かった…などと言うつもりは全然ありません。

私は基本的に、新しい機能とか新しいやり方とかが大好きですから。

だから、リボンに変わった時もすぐに飛びついたんですけど、まあ新しいから便利な訳じゃないですよね。

ただ、オートキャド(AutoCAD)のプロとして、少しでも効率が良いやり方を追求していく。

そうすると、結果的には少し昔のやり方に戻る、というだけの話です。

前回の終わりにも書きましたが、それを判断するのはオートキャド(AutoCAD)を操作する人それぞれです。

まずは少しでも選択肢が多くなるように、色々なやり方に触れてみるのが良いんじゃないかと思ってます。

そんな訳で、今回はクラシック表示への移行方法について、具体的に説明をしていきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ